ジュエルライブ

ジュエルライブの特徴

可愛い・美人・ギャルと様々なタイプの女の子と2人っきりで話せちゃうライブチャットです。タイプの女の子とエッチな事を楽しみたいならこちらがオススメ!

口コミ紹介

  • ライブチャットを初めて利用したのですが想像以上に可愛い子がいてビックリしました。週末に自分へのご褒美として女の子とエッチなお喋りを楽しんでます。
  • かなりエロい女性がたくさんいてかなり満足できました。女の子たちもノリノリで一緒に色々楽しんでくれるのでこのままハマっちゃいそうです。
  • 純粋そうな女の子と二人っきりで話せました。素人っぽさのおかげでかなり興奮して楽しめたのでまた利用したいと思います。

1919チャット

1919チャットの特徴

いつでもエッチな女の子と繋がれる!素人女の子と思う存分エロトークを楽しみたい方のオススメのライブチャットです。

口コミ紹介

  • 自分好みの女性と話せました。とっても素直な女の子で指示した事に全部応えてくれたので堪らなくエロかったです。次もすごく楽しみにしています。
  • 最初恥ずかしそうにしていた女の子が最後にはかなり大胆な事までしてくれたのでもうやめられなくなっちゃいそうです。
  • 素人という事だけでもかなり興奮するのですが外見がかなり良い女の子がいっぱいでさらに興奮しました。外見重視で選ぶならこちらはおすすめです。

6969チャット

6969チャットの特徴

エロい乱れた女性とお喋りを楽しみたいならこのサイト。とびっきり綺麗な女性がいろんな表情を見せてくれるので楽しめる事間違いなしです!

口コミ紹介

  • ホントに美人な女性と繋がれて楽しかったです。エロ度もかなり大満足なライブチャットができました
  • 女の子のあまりの可愛さにずっとドキドキしてました。エロい事もどんどんしてくれたので今ではもうメロメロです。またこちらに楽しみに来ます。
  • 緊張した様子の女の子を言葉攻めして楽しんでいます。この素人感が楽しめるのはかなりレアなのでまたコチラで遊びたいと思います。

仙台人気のテレクラ 東京競馬場

気軽に出会えるサイトを使用している中高年や若者に問いかけてみると、大多数の人は、人恋しいと言うそれだけの理由で、一瞬でも関係を持つことができれば構わないと言う気持ちでライブチャットサイトを使っています。
言い換えると、キャバクラに行く料金をケチりたくて、風俗にかけるお金も払いたくないから、無料で使えるライブチャットサイトで、「捕まえた」女性でお得に済ませよう、と思いついた中年男性がライブチャットサイトのユーザーになっているのです。
男性がそう考える中、女の子陣営は少し別のスタンスを潜めています。

そんな仙台人気のテレクラ 東京競馬場で大丈夫か?

「すごく年上でもいいから、何でもしてくれる彼氏が欲しい。ライブチャットサイトのほとんどの男性はモテない人ばかりだから、美人とは言えない自分でも手玉に取ることができるようになる可能性は高いよね!もしかしたら、カッコいい人がいるかも、キモメンは無理だけど、顔次第ではデートしたいな。女性の8割以上はこのように考えています。
単純明快に言うと、女性は男性の容姿か経済力が目当てですし、男性は「安上がりな女性」を手に入れるためにライブチャットサイトを用いているのです。
二者とも、お金をあまりかけずにお買い物がしたくて出会いを願っているようなものです。
結果として、ライブチャットサイトを活用していくほどに、男共は女を「商品」として価値づけるようになり、女もそんな己を「もの」として扱うように転じていってしまうのです。
ライブチャットサイトを使用する人の思考というのは、女性をじんわりと人間から「物質」にしていくような危ない「考え方」なのです。
D(ナイトワーカー)「有名ブランドのバッグなんてねだればよくないですか?わたしとかは、数人に同様の誕生日プレゼントお願いして1個だけもらっていて残りは売り払う」

仙台人気のテレクラ 東京競馬場となら結婚してもいい

筆者「そうなんですか?お客さんのプレゼントが売却するんですか?」
D(キャバ嬢)「ってか、他の人も売ってますよね?単にコレクションしてもホコリ被るだけだし、シーズンごとに変わるので売り払った方がバッグの意味ないし」
E(国立大に通う十代)受け入れがたいでしょうが、わたしなんですが、現金化するタイプです。」
C(銀座のサロンで受付担当)「ライブチャットサイトを利用してそんなたくさんお金が手に入るんですね…私はまだまだプレゼントもらったことないです」
筆者「Cさんは他の人とは違う経験をしているみたいですね。ライブチャットサイトに登録してから、どのような人と見かけましたか?
C「高級ディナーに連れて行ってもらった相手には巡り合ってないです。どの相手も写真とは違うイメージでタダマンが目的でした。わたしに関しては、ライブチャットサイトのプロフを見ながら恋人探しの場としてやり取りをしていたのにセックスだけというのは嫌ですね」
筆者「ライブチャットサイトにアクセスするのはどういった異性と期待しているんですか?
C「目標を言えば、なんですけど、医師の方とか弁護士の方とか国立大在学中の将来も安泰な相手を見つけたいです。
E(現役国立大学生)わたしも、今国立大で勉強中ですけど、ライブチャットサイト回ってても、プーばかりでもないです。ただし、恋愛をする感じではない。」
調査の結果として、オタクに対して遠ざける女性が見る限り大多数を占めているようです。
アニメやマンガが広まっているように思われる日本ですが、まだ一般の人にはとらえることは至っていないようです。
筆者「もしかすると、芸能界を目指すにあたって修業中の人ってサクラを仕事にしている人が多いんでしょうか?」
E(某業界人)「そうじゃないでしょうか。サクラで収入を得るのって、シフト融通が利くし、僕みたいな、急に代役を頼まれるようなタイプの人には丁度いいんですよ。不規則な空時間にできるし、他じゃできない経験の一つになるし…」
C(とある現役アーティスト)「一つの経験になるよね、女として接するのは骨が折れるけど自分たちは男性だから、自分が言われたいことを相手に送ればいい訳だし、男側の気持ちはお見通しだから、男もころっと飛びついてくるんですよね」
A(メンキャバ働き手)「逆に言えるが、女でサクラの人はユーザーの心理がわかってないからはっきり言って下手っすよね」
著者「女性のサクラより、男性のサクラのに比べて向いているのですか?」
D(とある芸能事務所関係者)「はい、そうです。優秀な結果を残しているのは大体男性です。なのに、僕は女性の役を作るのが上手くないので、いつもこっぴどく怒られてます…」
E(芸人の人)「言うまでもなく、食わせものが成功するワールドですからね…。女の子を演じるのが大変で…僕なんかも苦労してます」
筆者「女性の人格を作り続けるのも、かなり苦労するんですね…」
女の子の人格のやり方についてのトークで盛り上がる彼ら。
そんな会話の中で、ある発言をきっかけに、自称アーティストのCさんに向けて注意が集まったのです。
筆者「いきなりですが、あなたたちがライブチャットサイトを利用して異性と交流するようになったのはなぜか、Aさんから教えてください。
取材に応じてくれたのは、高校を中退したのち、五年間自宅にこもってきたA、せどりで収入を得ようと考えているもののまだ軌道には乗っていないB、小さなプロダクションでレッスンを続けながら、アクション俳優を志望しているC、すべてのライブチャットサイトに通じている名乗る、フリーターのD、あと、新宿二丁目で水商売をしているE。
そろって二十歳以上に十五歳以下のメンバーを集めました。
A(自宅警備員)「俺は引きこもったまんまなんですが、ネットでめっちゃ可愛い子を見つけて向こうからコンタクトとってくれて、それから、あるサイトのアカウントをゲットしたら、直メしていいからって言われたのでユーザー登録しました。その子とはそれっきりでした。けど、可愛い女性なら何人も気にならなかったですね。」
B(転売に挑戦中)「始めはやっぱり、自分もメールの送受信を繰り返してました。ルックスがすごくよくて、タイプでしたね。もっと話したいから会員になって、そのサイトっていうのは、サクラの多いところだったんですが、なかにはちゃんと女性ユーザーもいたので、そのままちゃんと利用しています。
C(俳優になる訓練中)「私なんですが、役作りになるだろうと思ってIDを登録して。ライブチャットサイトを使ううちにないと生きていけないような役に当たって以来使うようになりました」
D(ティッシュ配りのバイト)「僕の場合、先に使い出した友人に話を聞いているうちに手を出していきました」
忘れられないのが、5人目のEさん。
この方なんですが、ニューハーフなので、ハッキリ言って1人だけ取り立てて話すほどではないかと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする