ジュエルライブ

ジュエルライブの特徴

可愛い・美人・ギャルと様々なタイプの女の子と2人っきりで話せちゃうライブチャットです。タイプの女の子とエッチな事を楽しみたいならこちらがオススメ!

口コミ紹介

  • ライブチャットを初めて利用したのですが想像以上に可愛い子がいてビックリしました。週末に自分へのご褒美として女の子とエッチなお喋りを楽しんでます。
  • かなりエロい女性がたくさんいてかなり満足できました。女の子たちもノリノリで一緒に色々楽しんでくれるのでこのままハマっちゃいそうです。
  • 純粋そうな女の子と二人っきりで話せました。素人っぽさのおかげでかなり興奮して楽しめたのでまた利用したいと思います。

1919チャット

1919チャットの特徴

いつでもエッチな女の子と繋がれる!素人女の子と思う存分エロトークを楽しみたい方のオススメのライブチャットです。

口コミ紹介

  • 自分好みの女性と話せました。とっても素直な女の子で指示した事に全部応えてくれたので堪らなくエロかったです。次もすごく楽しみにしています。
  • 最初恥ずかしそうにしていた女の子が最後にはかなり大胆な事までしてくれたのでもうやめられなくなっちゃいそうです。
  • 素人という事だけでもかなり興奮するのですが外見がかなり良い女の子がいっぱいでさらに興奮しました。外見重視で選ぶならこちらはおすすめです。

6969チャット

6969チャットの特徴

エロい乱れた女性とお喋りを楽しみたいならこのサイト。とびっきり綺麗な女性がいろんな表情を見せてくれるので楽しめる事間違いなしです!

口コミ紹介

  • ホントに美人な女性と繋がれて楽しかったです。エロ度もかなり大満足なライブチャットができました
  • 女の子のあまりの可愛さにずっとドキドキしてました。エロい事もどんどんしてくれたので今ではもうメロメロです。またこちらに楽しみに来ます。
  • 緊張した様子の女の子を言葉攻めして楽しんでいます。この素人感が楽しめるのはかなりレアなのでまたコチラで遊びたいと思います。

情報 おじさん いまあえるてれくら

出会いを見つけるネットサイトには、法を厳守しながら、ちゃんとサービスを提供しているネットサイトもありますが、がっかりすることに、そのような安全なサイトはこく一部です。
その一握り以外のサイトは、間違いなく詐欺だと分かる行為をやっており、女性に人気がない男性を騙しては搾取し、騙しては搾取しを何度もやっています。
当たり前ですがこんなことが法で許されているはずがないのですが、ライブチャットサイト運営をビジネスにしている人は逃げるが勝ちと思っているので、IPをよく変えたり、事業登録している建物を何度も変えながら、警察に捕らえられる前に、ねじろを撤去しているのです。
このようなコソドロのようなペテン師が多いので、警察が法に反するライブチャットサイトを悪事を暴けずにいます。

情報 おじさん いまあえるてれくらは個人主義の夢を見るか?

ぱっぱとなくなってしまうのが世のためなのですが、悪質なライブチャットサイトは少なくなるように見受けられませんし、なんとなく、中々全ての法に反するサイトを処すというのはそう簡単な事ではないようなのです。
悪質なライブチャットサイトがいつまでも人を騙して金を騙しとっているのを好き放題させておくのは気分が悪いですが、警察の悪質サイトのチェックは、コツコツと、しっかりとその被害者を減少させています。
簡単な事ではありませんが、リアルと離れた世界から怪しいサイトを片付けるには、そういう警察の力量を信じて期待するしかないのです。
質問者「ひょっとして、芸能の世界で修業生活を送っている人ってサクラで生活費をまかなっている人が多く見受けられるのでしょうか?」
E(とある芸能人)「そうじゃないでしょうか。サクラのお金稼ぎって、シフト割と自由だし、僕みたいな、急にイベントに呼ばれるようなタイプの人にはばっちりなんですよ。予測不能の空き時間にできるし、興味深い経験の一つになるし…」
C(現役アーティスト)「良い経験にはなるよね、女としてやり取りをするのは簡単じゃないけど自分は男目線だから、自分が言ってほしいことを相手に送ればいい訳だし、男の心理をわかっているから、男も容易に飛びつくんですよね」

情報 おじさん いまあえるてれくらから学ぶ印象操作のテクニック

A(メンキャバ勤め)「予想に反して、女の子のサクラは男性客の心がわかってないからはっきり言って下手っすよね」
著者「女性のサクラより、男性のサクラが適しているのですか?」
D(芸能事務所在籍)「えぇ、そうですね。秀でた成績を残しているのは大体男性です。しかし、僕なんかは女のキャラクターを演じるのが上手じゃないので、いつもこっぴどく叱られてます…」
E(芸人さん)「根本的には、ほら吹きがのし上がるのがこの世界ですからね…。女の子になりきるのが大変で…俺も頑張っているんです」
ライター「女の子のキャラクターをやりきるのも、思った以上に苦労するんですね…」
女のキャラクターのやり方についての話で盛り上がる彼ら。
その中で、ある言葉をきっかけとして、自称アーティストのCさんに向けて関心が集まったのです。
今週インタビューできたのは、ズバリ、以前よりゲリラマーケティングの契約社員をしていない五人の男子!
欠席したのは、メンズクラブで働くAさん、貧乏学生のBさん、自称クリエイターのCさん、芸能プロダクションに所属するというDさん、芸人になることを夢見るEさんの五人です。
筆者「先に、辞めたキッカケからうかがっていきましょう。Aさんからお話しくださいますか」
A(元昼キャバ勤務)「うちは、女性の気持ちが理解できると考え始めることにしました」
B(1浪した大学生)「自分は、稼がないと意味がないと思って躊躇しましたね」
C(音楽家)「ボクは、シンガーソングライターをやってるんですけど、まだ新人なんでさっぱり稼げないんですよ。大物になる為には脚光を浴びない所からこつこつ陰の努力しなきゃいけないんで、こういう経験をして、差し詰めアンダーグラウンドな経験値を得ようと思って」
D(某タレント事務所所属)「自分は、○○って芸能プロダクションに所属して音楽家を養成すべく励んでいるんですが、一度のリサイタルで500円だけしか頂けないんで…先輩の紹介ではありませんがサクラの仕事をやっているんです」
E(若手お笑い芸人)「実のところ、うちもDさんと相似しているんですが、1回のコントでほんの数百円の貧乏生活してるんです。先輩が紹介してくださって、ゲリラマーケティングのアルバイトを開始しました」
こともあろうに、五名のうち三名がタレント事務所に所属中という退屈なメンバーでした…、やはり話を聞かなくてもわかるように、彼らにはサクラによくある仰天エピソードは無さそうでした…。
D(キャバクラで働く)「ブランド物のバッグとか、お願いしたら楽勝ですよね。あたしもそうなんだけど、複数まとめて同じ誕生日プレゼントおねだりして1個除いて売る用に分けちゃう」
筆者「うそ?もらい物なのにそんなことになっていたなんて」
D(ホステス)「それでも皆も質に流しますよね?床置きしてもせっかく価値があるんだから流行っている時期に物を入れてバッグだって悲しいだろうし」
E(十代、国立大学生)悪いけど、わたしなんですが、質に流すタイプです」
C(銀座のサロンで受付を担当している)ネットの出会いでそんなたくさんお金が手に入るんですね…私はこれまで物をもらったことはないです」
筆者「Cさんって、ライブチャットサイトを通してどんな人と直で会いましたか?
C「ブランド品なんて誰もからももらってないです。そろって、ルックスもファッションもイマイチで、セックスが目的でした。わたしはですね、ライブチャットサイトを恋人探しの場として待ち合わせしたのにいきなり求められるのは不愉快でした」
筆者「ライブチャットサイトではどういった異性と探しているんですか?
C「夢を見るなって思われそうですけど、医師免許のある人とか法律関係の方とか国立大いるような出来のいい人を探しています。
E(国立に籍を置く)わたしはですね、国立って今通ってますけど、ライブチャットサイトを見ていてもプーばかりでもないです。ただし、おすすめする相手でもない。」
調査の結果として、オタク系に偏見のある女性はなんとなく優勢のようです。
アニメやマンガが一般化しつつある感じられる国内でも、まだ一般の人には感覚は薄いようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする