マダムライブ

マダムライブの特徴

可愛い・美人・ギャルと様々なタイプの女の子と2人っきりで話せちゃうライブチャットです。タイプの女の子とエッチな事を楽しみたいならこちらがオススメ!

口コミ紹介

  • ライブチャットを初めて利用したのですが想像以上に可愛い子がいてビックリしました。週末に自分へのご褒美として女の子とエッチなお喋りを楽しんでます。
  • かなりエロい女性がたくさんいてかなり満足できました。女の子たちもノリノリで一緒に色々楽しんでくれるのでこのままハマっちゃいそうです。
  • 純粋そうな女の子と二人っきりで話せました。素人っぽさのおかげでかなり興奮して楽しめたのでまた利用したいと思います。

ジュエル

ジュエルの特徴

いつでもエッチな女の子と繋がれる!素人女の子と思う存分エロトークを楽しみたい方のオススメのライブチャットです。

口コミ紹介

  • 自分好みの女性と話せました。とっても素直な女の子で指示した事に全部応えてくれたので堪らなくエロかったです。次もすごく楽しみにしています。
  • 最初恥ずかしそうにしていた女の子が最後にはかなり大胆な事までしてくれたのでもうやめられなくなっちゃいそうです。
  • 素人という事だけでもかなり興奮するのですが外見がかなり良い女の子がいっぱいでさらに興奮しました。外見重視で選ぶならこちらはおすすめです。

1919チャット

1919チャットの特徴

エロい乱れた女性とお喋りを楽しみたいならこのサイト。とびっきり綺麗な女性がいろんな表情を見せてくれるので楽しめる事間違いなしです!

口コミ紹介

  • ホントに美人な女性と繋がれて楽しかったです。エロ度もかなり大満足なライブチャットができました
  • 女の子のあまりの可愛さにずっとドキドキしてました。エロい事もどんどんしてくれたので今ではもうメロメロです。またこちらに楽しみに来ます。
  • 緊張した様子の女の子を言葉攻めして楽しんでいます。この素人感が楽しめるのはかなりレアなのでまたコチラで遊びたいと思います。

6969チャット

6969チャットの

ライブチャット通にもっとも選ばれているライブチャットサイト。見た目のレベルも高いエロい女性達と楽しい時間を過ごすならこちら!

口コミ紹介

  • 数々のライブチャットで遊んできましたが、ここに在籍している女性のエロさには驚きました。とても新鮮に楽しめたのでオススメしたいです。
  • ライブチャットをするならいつもここを利用しています。女の子のノリもよくて色んな事をして見せてくれるのでエロさを求める僕にはうってつけでした。

熟女ライブチャットハプニング テレホン録音関西弁

筆者「最初に、5人がライブチャットサイトを使って女性を探すようになったきっかけを全員に聞きたいと思います。
インタビューに協力してくれるのは、高校を中退してからは五年間自宅警備の仕事をしてきたというA、「せどり」で暮らそうと奮闘しているB、小さな芸能プロダクションでレッスンを続けながら、アクションの俳優になりたいC、すべてのライブチャットサイトに通じていると自信たっぷりの、街頭でティッシュを配るD、五人目の、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
誰もが二十歳以上に十五歳以下のメンバーを集めました。

熟女ライブチャットハプニング テレホン録音関西弁を捨てよ、街へ出よう

A(引きこもり中)「今は自宅の警備しかしていないんですが、ネットを使っていたら、すごいタイプの子を見つけて向こうからメールもらったんですよ。しばらくしてあるサイトの会員になったら、携帯のアドあげるって言われたんで、ユーザー登録しました。それ以降は連絡が取れなくなったんです。それでも、他にも何人か会えましたね。」
B(せどりに)「アカウント取ったころはやっぱり、自分も直メしたくて。めっちゃ美人でどっぷりでした。仲良くなりたいからサイト登録してそのサイトって、サクラの多さで有名だったんだけど、会えないこともなかったので、特に退会したりとかもなく使い続けています。
C(アクション俳優を目指す)「私についてですが、色々なキャクターを作るのにいいかとアカ取得しました。ライブチャットサイトを依存する役に当たってそれで自分でもハマりました」
D(アルバイト)「僕の場合、先に利用していた友人に影響されながらいつの間にか

亡き王女のための熟女ライブチャットハプニング テレホン録音関西弁

極めつけは、最後を飾るEさん。
この人についてですが、ちょっと特殊な例なので正直言ってあまり参考にはならないでしょう。
出会い応援サイトを使う人達に問いかけてみると、ほぼ全員が、孤独でいるのが嫌だから、ごく短期間の関係を持つことができれば別に構わないと言う捉え方でライブチャットサイトを活用しています。
言ってしまえば、キャバクラに行くお金を出したくないし、風俗にかける料金もケチりたいから、お金が必要ないライブチャットサイトで、「捕まえた」女性でお得に間に合わせよう、と考え付く男性がライブチャットサイトのユーザーになっているのです。
また、女の子達は相違なスタンスを秘めています。
「年齢が離れていてもいいから、お金持ちで家事をしてくれる人を彼氏にしたい。出会い系なんてやってる男性は9割がたモテない人だから、女子力不足の自分でも手玉に取ることができるようになるに決まってる!ひょっとしたら、カッコいい人がいるかも、おじさんは無理だけど、イケメンだったら付き合いたいな。女性は皆、このように考えています。
一言で言うと、女性は男性の見た目かお金が目当てですし、男性は「低コストな女性」をねらい目としてライブチャットサイトを適用しているのです。
男女とも、お金をあまりかけずにお買い物がしたくて出会いを追いかけているようなものです。
そのようにして、ライブチャットサイトを用いていくほどに、男達は女性を「品物」として見るようになり、女も自らを「商品」としてみなしていくようにいびつな考えになっていくのです。
ライブチャットサイトを使用する人の所見というのは、女性を少しずつヒトではなく「物質」にしていく類の狂気的な「考え方」なのです。
質問者「もしかすると、芸能の世界で売れたいと思っている人って、サクラでお金を貯めている人が少なくないのでしょうか?」
E(とある有名人)「そうだとよく耳にします。サクラでの小遣い稼ぎって、シフト割と自由だし、我々のような、急に必要とされるような生活の人には丁度いいんですよ。不規則な空時間にできるし、経験の一つになるし…」
C(某有名アーティスト)「得難い経験になるよね、女性として接するのは難しいけど自分は男目線だから、自分が言われてうれしい言葉を向こうに送ればいい訳だし、男の気持ちがわかるわけだから、男性も簡単に食いつくんですよね」
A(メンキャバ従業員)「本当は、女性でサクラの人は利用者の心がわかってないからぶっちゃけ的外れっすよね」
著者「女のサクラより、男のサクラが向いているのですか?」
D(芸能事務所所属男性)「えぇ、そうです。優れた成績を残しているのは大体男性です。かといって、僕は女の人格を演じるのが下手くそなんで、いつもこっぴどく叱られてます…」
E(芸人さん)「最初から、うそつきがのし上がる世の中ですからね…。女性になりきるのが思いのほか大変で…俺も骨を折っているんです」
ライター「女性の人格をやりきるのも、想像以上に大変なんですね…」
女のキャラクターのどのようにして演じ切るかの話が止まらない彼女ら。
そんな中で、ある発言をきっかけに、自称アーティストのCさんに向けて視線が集まりました。
D(ホステス)「有名ブランドのバッグなんてねだったらいいでしょ?わたしだって、何人も同じ誕プレ頼んで自分のプレゼントと全部売却」
筆者「えっ?プレゼントなのに売却するんですか?」
D(キャバ嬢)「ってか、大事にもらっとくワケないです。紙袋に入れておいてもしょうがないし、流行っている時期に物を入れるためのバッグは使うものなので」
E(十代、女子大生)悪いけど、わたしなんですが、トレードしますね」
C(銀座のサロンで受付をしている)「ライブチャットサイトを通じてそういうお金儲けしているんですね。私は一回も何かプレゼントされたりとかはないんですよ」
筆者「Cさんの体験を聞きたいです。ライブチャットサイト内でどんな人と直で会いましたか?
C「お金をくれる相手にねだったりはしてないです。どの相手もプロフ盛ってる系でデートとかはどうでもいいんです。わたしについては、ライブチャットサイトは怪しいイメージも強いですが、この人はどうかなってやり取りをしていたのにいきなり求められるのは不愉快でした」
筆者「ライブチャットサイトではどういった異性と期待しているんですか?
C「分不相応を承知で言うとお医者さんとか弁護士の方とか国立大学に在学中の将来も有望な人がタイプです。
E(国立に籍を置く)わたしはですね、国立大に在籍中ですが、ライブチャットサイトの中にもプーばかりでもないです。それでも、得意分野以外には疎い。」
ライブチャットサイトでは、オタクに関して抵抗を感じる女性がどういうわけか人数が多いみたいです。
クールジャパンといって抵抗がなくなってきている見える日本であっても、まだ個人の好みとして感覚は至っていないようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする