ジュエルライブ

ジュエルライブの特徴

可愛い・美人・ギャルと様々なタイプの女の子と2人っきりで話せちゃうライブチャットです。タイプの女の子とエッチな事を楽しみたいならこちらがオススメ!

口コミ紹介

  • ライブチャットを初めて利用したのですが想像以上に可愛い子がいてビックリしました。週末に自分へのご褒美として女の子とエッチなお喋りを楽しんでます。
  • かなりエロい女性がたくさんいてかなり満足できました。女の子たちもノリノリで一緒に色々楽しんでくれるのでこのままハマっちゃいそうです。
  • 純粋そうな女の子と二人っきりで話せました。素人っぽさのおかげでかなり興奮して楽しめたのでまた利用したいと思います。

1919チャット

1919チャットの特徴

いつでもエッチな女の子と繋がれる!素人女の子と思う存分エロトークを楽しみたい方のオススメのライブチャットです。

口コミ紹介

  • 自分好みの女性と話せました。とっても素直な女の子で指示した事に全部応えてくれたので堪らなくエロかったです。次もすごく楽しみにしています。
  • 最初恥ずかしそうにしていた女の子が最後にはかなり大胆な事までしてくれたのでもうやめられなくなっちゃいそうです。
  • 素人という事だけでもかなり興奮するのですが外見がかなり良い女の子がいっぱいでさらに興奮しました。外見重視で選ぶならこちらはおすすめです。

6969チャット

6969チャットの特徴

エロい乱れた女性とお喋りを楽しみたいならこのサイト。とびっきり綺麗な女性がいろんな表情を見せてくれるので楽しめる事間違いなしです!

口コミ紹介

  • ホントに美人な女性と繋がれて楽しかったです。エロ度もかなり大満足なライブチャットができました
  • 女の子のあまりの可愛さにずっとドキドキしてました。エロい事もどんどんしてくれたので今ではもうメロメロです。またこちらに楽しみに来ます。
  • 緊張した様子の女の子を言葉攻めして楽しんでいます。この素人感が楽しめるのはかなりレアなのでまたコチラで遊びたいと思います。

麻衣 メール 電話友達

D(キャバクラで働く)「ブランド物のバッグとか、ねだればよくないですか?わたしは、いろんな男の人にいっしょのバースデープレゼントねだって1個は自分用で売却用に分けるよ」
筆者「そうなんですか?もらい物なのに質に出すんですか?」
D(キャバクラで働く)「言っても、皆も質に流しますよね?単にコレクションしてもホコリ被るだけだし、流行だって変わるんだから、物を入れてバッグだって悲しいだろうし」

麻衣 メール 電話友達について私が知っている二、三の事柄

国立大に通う十代E受け入れがたいでしょうが、わたしもなんですけど現金化するタイプです。」
C(銀座のサロン受付担当者)「ライブチャットサイトを通じてそこまで使い方もあるんですね…私は一回もプレゼントもらったことないです」
筆者「Cさんにもっと聞きたいですね。ライブチャットサイトを利用してどういう男性といましたか?
C「お金につながるような連れて行ってもらってないです。多くの場合、普段女の人と関わってなさそうで、本当の「出会い系」でした。わたしについては、ライブチャットサイトを恋人が欲しくて考えていたのに、ホテルに行こうって言うのは引きました」
筆者「ライブチャットサイトを使って、どんな出会いを期待しているんですか?

鳴かぬなら鳴くまで待とう麻衣 メール 電話友達

C「要求が高いかもしれないですけど、医師免許のある人とか弁護士の方とか国立大学に在学中の将来も有望な人がタイプです。
E(国立大に在籍)わたしはですね、今は国立大にいますが、ライブチャットサイトにもまれにエリートがまざっています。言っても、恋愛とは縁がない。」
ライブチャットサイトの特色としてオタクに関して嫌悪感を感じる女性がどうやら人数が多いみたいです。
オタク文化が広まっている見られがちな日本でもまだ一般の人には認知はされていないと言えるでしょう。
出会えるサイトを利用する人々に話を訊いてみると、大多数の人は、人肌恋しくて、わずかの間関係を持つことができればそれでいいという見方でライブチャットサイトを選んでいます。
要は、キャバクラに行くお金を節約したくて、風俗にかけるお金もかけたくないから、料金がかからないライブチャットサイトで、「捕まえた」女性で手ごろな価格で済ませよう、と思いついた中年男性がライブチャットサイトを活用しているのです。
その一方で、女性サイドは相違なスタンスを秘めています。
「すごく年上の彼氏でもいいから、何でもしてくれる彼氏が欲しい。出会い系をやっているおじさんはモテない君ばかりだから、中の下程度の自分でも手のひらで踊らせるようになるわ!もしかしたら、タイプの人がいるかも、中年太りとかは無理だけど、顔次第ではデートしたいな。女性の8割以上はこのように考えています。
簡単に言えば、女性は男性の顔面偏差値か経済力が目的ですし、男性は「安上がりな女性」を狙ってライブチャットサイトを働かせているのです。
二者とも、あまりお金がかからないお買い物がしたくて出会いたがっているようなものです。
そんな風に、ライブチャットサイトを役立てていくほどに、男達は女性を「もの」として価値づけるようになり、女もそんな己を「売り物」としてみなしていくようになり、考えが変わってしまうのです。
ライブチャットサイトの利用者の頭の中というのは、女性をじんわりと人間から「物体」にしていく感じの危うい「考え方」なのです。
先月聴き取りしたのは、それこそ、以前よりステマの派遣社員をしている五人の若者!
集まることができたのは、メンズクラブで働くAさん、普通の学生Bさん、売れない芸術家のCさん、某芸能プロダクションに所属する予定のDさん、芸人志望のEさんの五人です。
筆者「では最初に、始めた原因から尋ねてみましょう。Aさん以外の方お話しください」
A(元メンキャバ就労者)「俺は、女性心理が分からなくて気がついたら始めていました」
B(現役大学生)「俺様は、荒稼ぎできなくてもいいと考える間もなく始めましたね」
C(音楽家)「小生は、ミュージシャンをやってるんですけど、まだ素人同然なんで少ししか稼げないんですよ。スターになる為には詰らないことでもこつこつ下積みするのが一番なんで、、こういう体験をして、ひとまずアンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」
D(芸能プロダクション所属)「わしは、○○ってタレントプロダクションで作家を目指していましたが、一回のリサイタルで500円だけしか貰えないんで…先輩が教えてくださったサクラのバイトを嫌々やってるんです」
E(コント芸人)「お察しの通り、俺様もDさんと似たような状況で、1回のコントでもらえて数百円の悲しい生活してるんです。先輩の紹介ではありませんが、サクラの仕事をするに至りました」
驚くべきことに、メンバー五人のうち三人が芸能プロダクションに所属中という至って普通のメンバーでした…、だがしかし話を聞かなくてもわかるように、五人にはステマ特有のおもしろエピソードがあるようでした…。
出会いを見つけるネットサイトには、法律を守りながら、ちゃんとマネージメントしているライブチャットサイトもありますが、悔しいことに、そのようなきちんとしたサイトはごく一部です。
その限られたグループ以外のサイトは、見るからに詐欺だと分かる行為を悪びれずにやっており、女性に飢えている男性を騙しては搾取し、引っ掛けては金を搾りとりを、引っ掛けられるかぎり続けます。
当たり前ですがこんなことが法的に問題視されないはずがないのですが、ライブチャットサイト運営を職業としている人は法を逃れる方法を知っているのでIPを定期的に変えたり、事業登録しているオフィスを移動させながら、警察にのターゲットになる前に、基地を撤去しているのです。
こんな風に逃げ足の速いペテン師が多いので、警察が法に反するライブチャットサイトを明らかにできずにいます。
早々となくなってしまうのが社会のためなのですが、怪しいライブチャットサイトは全然数が減りませんし、所感としては、中々全ての詐欺を行っているサイトを取り除くというのは一筋縄にはいかないようなのです。
オンラインデートサイトがいつまでも人を騙して金を搾取しているのを好き放題させておくのは気分が悪いですが、警察の悪質サイトの警戒は、コツコツと、手堅くその被害者を低減させています。
気長に戦わなければなりませんが、リアルと離れた世界から怪しいサイトを一掃するには、そういう警察の権力を頼みの綱にするしかないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする